2020年8月30日日曜日

稽古環境って大事ですね^^;

この夏南部柔道場にクーラーが設置されました!

熱中症の警戒が毎日のように放送される中、空調がないと基本動作を開始しただけで汗をかき始め、基本動作が終わるころには道着がびしょびしょな状態になっていました。

こまめに水分休憩を挟むようにしていましたが、それでもちょっとだけ休憩させてくれと申告があり、暑さが限界だと感じてはいました。

そんな中のクーラー設置は大変ありがたいことです。

クーラーがあるのとないのとでは、稽古でのoutputに明確な差があることに気づきます。

まず、何と言っても「動ける」
動けないと指導者から指導されたことを実践することができないし、自分で試行錯誤ができません。
また、暑さで頭がぼーっとしてしまって、動きに集中できない。

自分自身、空調が無い環境とある環境で自由技の稽古をしてみましたが、無い環境では5本投げられたら、もう立ち上がるのもしんどいし、マスクの中が熱くて息が上手く吸えないような状態を感じました。
それに比べればある環境はどんどん動ける!投げられてもまだ行ける!と考えられるほどの余裕があります。

市の施設で空調が完備されているのは本当にうれしいです。
あとは施設数の充実をお願いしたいです。。。
(競争率が高すぎて抽選が当たらないです。。。)






2020年6月6日土曜日

やっと再開できました

少年部は3か月、一般部は2か月ほど活動を休止しておりましたが
緊急事態宣言が解除され、予断は許さないけれども、ずっと活動しないことも
やはりできず、賛否はもちろんあると思いますが、6/6に活動を再開することとなりました。

長い間活動を休止したにも関わらず、稽古に参加してくれた会員の皆様に感謝。

今日も実施しただきましたが、道場に入ったら
まず、挨拶・・・よりも手洗いとうがい!
そのあと挨拶!
今回、アルコールジェルを持参し、さらに消毒もしてもらいました。
ご協力ありがとうございました。

さて、少年部は今年は3人でスタートです。
本日は他同好会の方もビジターとして参加してくれて、少し賑やかにできてました。
稽古のほうは・・・組まずに単独の動作をやりました。
やはり、まだ影響がありますので、組む稽古は様子見です。
技も単独で、仕手と受けをやりましたが、単独の受けって難しいです。
ブランクもあり、四苦八苦でした。

一般部では、初めての試みですが
相手と距離をおいての技の稽古
仕手と受けが畳一枚分離れて、仕手の動きと受けの動きをシンクロさせて
稽古を実施しました。

あと、これは明龍館始まって以来かも?
自由技を同じく、相手に触れずに技を掛け合うという非常に難しいことを
やっていました。
これは人前でやると胡散臭い(笑)
けれど、今後はしばらくこのスタイルで稽古をしていくしかなさそうです。


今後も明龍館なりに稽古方法を工夫して、試行錯誤しながら、活動を継続していきます。
よろしくお願いします。

2020年2月13日木曜日

寒稽古

毎年恒例の寒稽古

一日で5コマも稽古があり(1コマ1時間=5時間)
すべてに参加することで、5時間の稽古を乗り越えた証明と、ささやかな記念品が贈られます。

年々5時間フル参加される会員が増えてきて、明龍館の勢いが増してきているのを感じます。

特に子どもたちは、このあとに開催されるジュニア合気道大会の練習が出来るチャンスとあって、気合いがはいっています。

指導者もコマごとに子供達だったり、一般会員だったりと絶えずどこかを担当しているので、身体的な疲れは動いている会員ほどではないですが、当日までに何をやるか、どこを伝えるか。
また稽古中に気づいた点をどうやって直してもらえるよう誘導するか等を考えて、明龍館の中で整合がとれているかをまた考えてと、物凄いプレッシャーなんです。
やりたいかを問われたら、進んでやりたいとは思いませんが、毎年参加してくれている人達はないがしろに出来ないし、目標を持って稽古している人達の後押しが指導者の責任だと思うし、なんだかんだやってます。

ようするに、参加ありがとうございました。
お疲れ様でした。
また来年!

他の写真は下記です!
http://img.gg/79s9D2R

2020年1月18日土曜日

2020始動

今日は2020初めての流山同好会稽古でした。
(明龍館としては、鏡開き式などありましたけど)

それにしても、完全な雪というわけではありませんでしたが
みぞれが降る寒い、本当に寒い中子供たちが元気に稽古に来てくれました。
ありがとうございます。今年一年よろしくお願いします。

さて、今年最初の稽古は2月11日に開催されるジュニア合気道大会に向けての稽古でした。
今回は幼年部の技を中心に行ったのと、高学年昇竜の2回戦
片手持ち四方投げ(一),正面打ち一ヶ条抑え(二)

まず幼年部の子供たちはとても声が出て元気にできていました。
大会でもあれだけ声が出ていれば、審査員の方々の目に留まることができるかな。

高学年の部は、基本動作、技は出来て当たり前の世界
本当に細かい部分まで意識しないと勝ち上がることはできないと、毎年言っているけど
果たして、大勢に見られる大会の場でそれができるか。
自信がなければできないことで、自信は簡単なことでも成功の積み重ねでしか得られないから、審査で出来たからといって油断しないように練習を積み重ねていって欲しいです。


2019年12月24日火曜日

大掃除(動画!)

カメラ構えて写真やら動画やら撮影していると
気づくとPCのストレージ容量が圧迫されていることが多々ありますが

いちいちffmpegを使って動画圧縮するのが面倒だし
一個終わったら、inputとoutputのファイル名を変えて実行するのが
ものすごく面倒で、どうにかしなくてはと思うものの放置気味だったのですが・・・

powershellで出来ることに気づきまして
いろいろなサイトを参考にスクリプトを組んでみました。
自分のためにブログに公開

$arguのオプションを変更することで、圧縮以外にも使えそう!

もっと広い範囲で動画を探すこともできるけど、フォルダ内だけでも
自動でやってもらえるとだいぶ楽になったなぁ

##############################################################
#普段VBAしか触らないので、変数宣言しないと頭がついていけないのです。。。
$mov_path
#変換したい動画のパスを格納
$prog_ffmpeg
#ffmpeg.exeのパス指定(フルパス)
$mov_lits=@()
#ダイヤログで選択したフォルダ内のmp4ファイル格納用
$target
$targetPath
#windowsのフォルダブラウザで選択したパスの格納
$in_file_path
#リスト化したファイルのフルパス格納用
$outputpath
#ffmpegで圧縮した動画ファイルの出力先
$out_file_path
#出力先パス+ファイル名を格納
$argu
#ffmpegに渡すオプションを格納

##############################################################

set ExecutionPolice remoteSigned
# 魔法の言葉 スクリプト実行権限の設定(不要だけどとっさに思い出せないから記述)

$prog_ffmpeg = "C:\Program Files\ffmpeg\bin\ffmpeg.exe"
# インストールされているffmpegの位置をフルパスで指定

# System.Windows.Formsを有効化
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.windows.forms") | Out-Null

$fbd = New-Object System.Windows.Forms.FolderBrowserDialog
$fbd.Description = "対象ディレクトリを選択してください。"

# ダイアログを表示する
$target = $fbd.ShowDialog() | Out-Null
# 選択したフォルダを格納
# 選択をキャンセルした場合はNULLを返す
if ( $target -eq [System.Windows.Forms.DialogResult]::Cancel) {
$targetPath = $null
} else {
$targetPath = $fbd.SelectedPath
}

$mov_lits=Get-ChildItem -include "*.mp4" -Path $targetPath -Name
# 選択したフォルダ内のmp4ファイル名を取得

New-Item -path $targetPath -name "output" -ItemType Directory -Force
# outputフォルダを作成

$outputpath = join-path $targetPath "output"
# 圧縮後のファイル出力先を"$targetPath\output\"へ

foreach($mov_name in $mov_lits){
    $in_file_path = Join-Path $targetPath $mov_name
    #mov_listから一つずつファイルを処理
    $out =[System.IO.Path]::GetFileNameWithoutExtension($mov_name)
    $out_file_path = Join-Path $outputpath $out
    #圧縮後のmp4出力先とファイル名を指定
    $argu = "-i `""+$in_file_path + "`" `-crf 24 `""+ $out_file_path +".mp4" +"`""
    #Start-Processに渡す引数を格納
    Start-Process -FilePath $prog_ffmpeg -ArgumentList $argu -Wait
    #ffmpegを起動して$arguのオプションを実行
    Start-Sleep -s 5
}

稽古納めと納会と

12/21
流山同好会は2019年最後の稽古を無事に終了しました。
今年一年怪我無く事故なく活動できたのは、ジム先生のご指導と
会員の皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

さて、審査結果も出ましてみんなホッと一息ついているところですが
新年の準備というところで、鏡開き式の奉納演武科目の練習をしました。

オレンジ、黄色は流石
技は覚えているようです。
けれども、奉納演武は神様に御見せするものですので
審査よりも頑張って手の位置、足の向きなど細かいところに気を付けて!

青帯も自分の科目を一生懸命に練習していました。
練習相手がどちらも大人、青帯は幼年部というミスマッチでしたが
大きな声を出していました。


稽古後はサイゼリアで納会
子供たちは固めておくと化学反応で勝手に盛り上がってくれるので放置気味(笑)


途中簡単なレクリエーションをやってちょっと疲れたけれど
賞品を貰ってご満悦な笑顔を見ると、よかったと思いますね。
みんな楽しんでくれたようでよかったよかった。
来年も元気に稽古に来てください。

流山同好会 野田 裕

2019年12月11日水曜日

審査お疲れ様でした

12/7に冬の総合審査が行われました。
受験者の皆様お疲れ様でした。
今回はチャレンジの意味合いも強いところもありましたが、審査は受けてみなければ自分の実力がわからないこともあります。
個人的に審査は必ず受からなくてはいけない、ということはないと思っています。(もちろん受かる方がいいですが)

じっくり自分が納得出来るまで稽古をしてから望むのが一番いいことだと思いますが、納得できるまで時間が無いことも、審査に限らずあると思います。
そんなときにチャレンジを決断することが少なからず自分の経験になると思います。
またチャレンジを選択することで、目標に向かって努力する経験も得られるはずです。
次も努力して掴み取って上を目指してください。

幼年部
少年7級
少年3〜4級
(アングルミスしてました、すいません)